貼り絵作家 岡森陽子の貼り絵セオリー 「下絵は描かない☆」

イベント開催日2017年8月

みなさん、こんにちはー(*´ω`*)

 

2017年も猛暑でしたね。

残暑も勢いがあり、まだまだ熱中症対策など気をつけなければ・・・と(*´з`)

 

さて、今日は岡森陽子貼り絵の最大の特長である『下絵は描かない♪』というセオリーをご紹介します!!

 

貼り絵やってて一番多い質問。

「下絵、描くの?」

(‘;')

 

岡森『描きません♪』

 

描かないです。一切。

 

理由は大きく2つです。

ひとつは作業工程での問題が生じるため、そしてもうひとつの理由は、「貼り絵」って私の「命」つまり『人生』だから。人生に"リハ"も"テイクツー♪"もないからです。

 

ではまず理由1の「作業工程での問題」って何でしょう??

 

(↑これはスイカです。作り方はココをチェーック!!)

 

下絵、描いたとしますね。

なら、その「下絵どおり」貼らないといけない。

 

だけど線(下絵)に紙を貼ると、当然線は消えます・・

 

そう、「下絵」を描いても『見えなくなっちゃう』んです。

 

これが理由1(論理的な理由)ですね☆

 

では理由2です。

「貼り絵」って「命」なんです。

私にとって貼り絵がなくなったら「楽しみ」「喜び」「快」「笑顔」・・・

これらがなくなってしまう。

 

だから「命」

 

「命」って人生ですよね。

 

『人生』ってドラマ撮影みたいに「リハ」も「はい、テイクツー!」もありません。

一分、一秒、一瞬が大切な"本番"なんです。

 

だから、作品を通じて「今ここを生きること」の大切さ・貴重で稀少なこと・そして感謝を伝えたいと思っています。

 

そのためには私が貼り絵に下絵を描いていたら意味ないですよねw

 

 

2017、夏。

 

心優しい友人が貸してくれた衣装で、私は『ハリエ・ポッター』になれました!

 

魔法は使えないけれど、私は紙が使える。

紙なら魔法のように使って魅せられる・・

(相棒・幸福朗)※読み こうふくろう

 

ハリエ・ポッターはフクロウの幸福朗とともに貼り絵の旅を続けます。

 

オーダーメイドで貼り絵を創ります☆

貼り絵のワークショップ開催します☆

貼り絵のストーリー語ります!!

 

(プランここです。)

 

これからも、

貼り絵作家 岡森陽子とハリエ・ポッター、そして相棒の幸福朗をどうぞよろしくお願いいたします☆

 

(*´з`)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場