コアハウスさんで夏の貼り絵ワークショップ開催しました!!(大阪・桜川)

イベント開催日2017年6月3日

みなさん、こんにちはー(*´ω`*)

 

6/3(土)、大阪・桜川にあるコアハウスさんで、貼り絵ワークショップを開催しました!!

 

季節は夏!

ということで、夏をテーマにモチーフを選んでいただき、にぎやかにスタート(*´з`)

ピンクのシャツのH君。

なにかひらめいたようです・・・(‘◇')ゞ

 

自由に、貼り絵の世界を楽しんでいただきました☆

(*´з`)

 

☆☆貼り絵をやっていて、よく聞かれること・・・☆彡

『貼り絵って、めっちゃ時間かかりません??』って。

 

すごく聞かれます。

 

はい、実際、絵を描くよりは、時間かかります。

(私の場合)

 

だけど、「時間をかける」「時間の流れを慈しむ」そして「時間というものに感謝する」って、このあわただしい現代、"あえて心がけ"ないと、感じることが難しい。

 

時間は、有限で、誰しもが平等に与えられているもの・・・(*´ω`*)

 

だからこそ、ときには「いそがず、待つ心」を意識して大切にしたい。

 

 

とかく現代人は、「急ぐこと」に注力し、さまざまな発明・開発をとげています。

だけど、信号ですら「待てない」、レジの列に「イライラする」、少しの電車遅れに「腹をたてる」・・・

 

 

急ぐことはおぼえたのに、「待つこと」に弱くなっているように感じるんです・・・

 

貼り絵の制作は、「待つことだらけ」です。

 

特にキャンバス作品の場合、一辺の角が完全に乾かないと、反対側の角は貼れません。

これは、側面はキャンバスを立てて、反対の側面を土台にして貼らないといけないからです。

 

よって、長方形のキャンバスの場合、最低4日を要します。

(完全にノリが乾くのに、丸一日かかるため)

 

だけど、そうやって時間をかけて生まれた命(作品)は、たまらなく温かく、そして切ないくらい愛おしい。

(*'ω'*)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「時間を大切に」したいから、あえて大切なことには「その貴重な時間をつかう」・・

ーーーーーーーーーーーーーーーー♡ーーーーーーーーーー

 

私の貼り絵制作のスタンスは、ここーーー↑  (*´з`)

 

カニさん、可愛い!

「ボーイスカウト」の活動をされている方の作品です!

お人柄があらわれていますね♪

 

 

わいわい、楽しくおしゃべりしながら、時間は過ぎていきます。

 

クリームソーダ!??

 

昭和の喫茶店みたいです!

いい感じ(*´ω`*)

 

力強い、大海原!!

 

それぞれのもつ「良さ」が、彩となって作品に、作風にあらわれていました(*´ω`*)

 

ご参加くださった皆さま、そして今回のイベント企画をしてくださったコアハウスの方々、ありがとうございました!!!

 

また私のフォルダに新しい彩が増えました♪

 

 

(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

会場Coreハウス
大阪府大阪市浪速区幸町2丁目6-2