岡森式☆キャラクターに命が宿る!貼り絵のちょっとしたコツを伝授します。

みなさん、こんにちはー(*´Д`)

 

今日は、『The  岡森式☆貼り絵のコツ』をお話したいと思います(‘◇’)ゞ

 

お題はこの子。

ただのペンギンではありません。

 

永遠(とわ)に栄える、で『栄永(エイト)』、ペンギンのエイトちゃんです☆

 

エイト→eight→8→八、、、

そう、名前の由来は「末広がりのハチ」から来てるんです!

めんどくさいよね(*´Д`)・・・

 

それはさておき、「貼り絵」って、色のついた紙を貼って貼って形作っていく表現方法です。

 

もちろん、「色を混ぜる」ことは出来ないんです。

 

だけど、『色を重ねる』ことができる・・・

 

これを、『色と色とが、重なり合って”彩(いろどり)”を呼ぶ(呼びこむ)』と表現します。

 

これは、人にも同じことがいえます。

 

 

その個人のもつ「個性」という色は、仲間集まれば「人の輪」という彩を成し、そこでその個人の色(個性)はさらに輝くのではないでしょうか。

 

私が信念持って「貼り絵」という文化を創造している根本には、この想いがあるのです(*´ω`*)

 

 

ではでは。

エイトちゃんの「ゴールイン ポーズ」を作ってみます☆

 

ドッグランならぬ、『ペンギン・ラン』

エイトちゃん、がんばれ。

 

 

まず、背景の枠から。

決まりなんてないので、こんな感じになんとなく「だ円」に。

 

背景、埋まりました。

お疲れって感じです(‘◇’)ゞ

 

【point】☆

右がわ、ぼんやり蛍光色や黄色で、光の反射を描きます。

これは、背景とモチーフの境界線のようなイメージなのですが、この境目を若干薄い色で作っておくことで、よりモチーフに立体感出ます!

 

そしたら、いよいよ、ペンギンの輪郭へ。

 

顔の部分、最終的に青い感じにするのですが、まずは黒をしきつめます。

そうすることで、物理的にも、視覚的にも立体感が出るんです。

オススメの技法☆

 

だんだん、それらしくなってきたよね!

細かい調整は最終段階でオッケーです。

重ねて重ねて、形を決定していきます。

 

 

そして、

 

完成です!!

 

Yeah!

 

モチーフに「バンザイ」や「片足上げ」などの動きもつけましたが、光や影にこだわったことで、アニメーションの要素が加わっていませんか??

 

あと、キャラクターの命である「目」は、5色くらい重ねています( ゚Д゚)

そうすることで、より「生きてる」感を演出できるのです!

 

 

貼り絵のワークショップも、不定期ですが開催中!

 

外部講師などのご依頼も随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一緒に『貼り絵文化』を創りましょう!!

 

 

よろしくお願いいたします!

 

(*´ω`*)